平成26年度 ケアマネージャー試験 模範解答速報

ケアマネージャー試験

平成26年度のケアマネージャー試験(平成26年10月26日,2014年10月26日実施)の最新情報を提供しています。ケアマネージャー試験の概要、受験対策、通信講座、模範解答速報についての記事を掲載しています。

スポンサーリンク

ケアマネージャー試験とは

ケアマネージャー試験は、介護支援専門員になるために必要な実務研修の受講を希望する方に対して、事前に介護保険制度などに関する専門知識等を有していることを確認するために行われるものです。
■試験日程■
平成26年10月26日
(2014年10月26日)
■申込受付期間■
平成26年6月16日~平成25年7月23日
(2014年6月23日~2014年7月23日)
※受験申込を行う都道府県により若干日程が異なりますので、注意してください。
■受験資格■
保健・福祉・医療分野で原則として5年間以上かつ900日以上(場合により10年間以上かつ1,800日以上)の実務経験を有する者
■合格発表 ■
平成26年12月10日
(2014年12月10日)

ケアマネージャー試験 模範解答速報

ケアマネージャー試験の合格発表日は、平成26年12月10日(2014年12月10日)です。それまでに、模範解答速報をご覧になって、自己採点したいかたは資格講座を実施している教育企業のWEBページを確認するとよいでしょう。大手の企業では模範解答速報を当日中に模範解答速報サイトに公開している企業もあります。
さて、有名な受験対策学校のサイトで発表されている模範解答速報ですが、毎年2問くらい異なるものがあります。模範解答速報の信頼は9割5部ぐらいで考えておくと良いでしょう。

ケアマネージャー試験 サクセスストーリー

佐々木亜美は、介護福祉事業者に勤務する会社員である。介護福祉事業者の企業に事務員として入社し、順調にキャリアステップを積んできた。同期入社社員から見て、一番の出世頭であった。 その佐々木亜美が目をつけ、取得した資格がケアマネージャーである。 このケアマネージャーは介護マネジメントを行う際に必要となる免許資格である。 介護福祉事業者に勤める会社員にとってケアマネージャーを取得したことは、大きな出世の機会となるのである。 もちろん、同業者への転職を希望した際には、高く評価される免許資格でもある。順調なキャリアステップに加えて、 介護支援専門員を取得した佐々木亜美は、有望な将来を約束されたものである。

そんな佐々木亜美であるが、試験の直後、自己採点した時のドキリとした瞬間を忘れることはできない。 受験対策でお世話になった資格学校の先生からもらった 模範解答速報を元に、自身の答案を自己採点した。 そこで気づいたのが、記入ミスである。試験問題は直前の対策講座の事例が的中し、難しさを感じなかったので余裕な気分であった。 にもかかわらず、回答の記入ミス。今回の試験の 合格ラインを下回る自己採点の結果となってしまった。また来年も受験をしなければいけない。その時の佐々木亜美の脱落感は何とも言えないものであった。 ひとまず自身の自己採点の結果を講師に伝えて帰路に向かった。その帰り途中、講師からさとるの携帯電話に連絡があった。 「さっきの模範解答速報に誤りがあった。佐々木亜美さんの失点していた問題は、解なしになるよ。」佐々木亜美の頭の中が、すっと晴れた。 失点していた2問が解なしとなれば、合格ラインにのっかるからである。これは試験の合格発表まで、合否どちらかわからないぞ。 試験実施機関が解なしを発表すれば、佐々木亜美は合格することができるのだ。 模範解答速報で自己採点しなければ、浮いたり沈んだりしなくてよかったのに。 模範解答速報で自己採点をした自分に少し後悔する佐々木亜美であった。

スポンサーリンク

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、公的資格であり、居宅介護支援事業所・介護予防支援事業所・各種施設(介護老人福祉施設等)に所属し、介護保険において要支援・要介護と認定された人に対して、アセスメントに基づいたケアプランを作成し、ケアマネジメントを行う職業である。 介護全般に関する相談援助・関係機関との連絡調整・介護保険の給付管理等を行う。介護保険を利用する利用者にとっては、いなくてはならない存在である。デイケアや自宅介護などの介護を受ける際に、どのような介護が必要かを判断し、計画を立て、介護保険が利用できるように書類を作成したり、利用者の家族に書類を書かせたりする。 実際の介護は介護士が行うので、ケアマネジャーはプランをたてるだけである。丁度、病院で、検査や治療の計画は主治医がたてるが、実際に血液をとったり、薬を渡したりするのは看護師や臨床検査技師、薬剤師が行うようなものである。

模範解答速報とは

模範解答速報とは、資格の受験対策を開講している学校が受験者のために作成している模範解答である。試験実施機関が合格者や解答を公表する前に、自己採点することができる。 主に、試験日から数日の間に模範解答速報は、WEBインターネットサイトや自己採点講座などで発表される。


スポンサーリンク